お勧めの講座

参加者の声
Voice

五十嵐 眞記子様

性別:
女性
年齢:
47歳
業種:
医療・介護
役職:
管理職

NLP/コミュニケーションサイコロジーを学ぼうと思ったきっかけは?

知人に勧められて。仕事に活かせると思ったから

CPI(NLP研究所)を選んだ理由は?

深く学べるところだと聞き、またプラクティショナー認定コースを受講したことで、NLP研究所の学びは本物だという確信があったのでさらに学びを深めたいと思い選びました。

あなたの日常生活/仕事にどのように役立ちましたか?

在宅介護のサービスの責任者や介護支援専門員が所属している職場で管理職をしているので、部下へのコーチングやスーパーバイズの際に非常に効果的です。
学んだスキルを活かすことで職場で働く仲間たちの表情が豊かになりました。
ご利用者様への満足度にも繋がっていると感じています。

あなたのおすすめの講座(セミナー)は?

「堀口メソッド エグゼブティブ・コーチング」

 NLPのスキルを活かしながら、実践的な手法を数多く学ぶので相手のやる気を引き出すことができます。
コミュニケーションの能力が確実に上がったと実感しています。

堀口メソッドは「コミュニケーションのスペシャリストになれます!」
という力強い言葉で始まり、言語だけでなく非言語の領域・リアクションとしての表情の変化・ヒアリング力などコミュニケーションのたくさんの事を高めることを学びました。

何より素晴らしいと思ったことは、堀口メソッドで学んだ”応用編”のバックトラッキングを繰り返し行なうことで、自分が使ったことのない語彙が無限に増える可能性があることを学びました。

語彙力が高まることで、部下とのコミュニケーションがとても豊かなものになり、
悩みの相談で「相手のやる気を引き出す武器になる」ことを体験し強く実感しました。

管理職になって9年。毎年「部下の評価面接」を行っています。
従来の面接では、上司として部下を評価することがとても気持ちが重かったのですが、
学んだ後は「堀口メソッド」をフル活用して面接を行うことで今まで感じたことがない
満足度と部下との充実した時間を持てるようになりました。

面接では部下の今年度の目標を振り返り、次年度の目標設定を聴いていきます。

そこで私は「堀口メソッドのVAKと主観を使った伝え返し」で振り返りを行い、
最後に私の言葉で伝え返しをします。

部下は自分の発した言葉に納得し、
次年度の目標も今まで以上に具体的に立てることができるようになっています。
その目標設定が部下にとって非常に意欲的で具体的なものに変化していることを実感しています。これが「堀口メソッド」をフル活用した面接です。

コースが終了した現在、職場での自分のコミュニケーションが変化してきたなと実感しています。これからも「相手の意欲を引き出す」ことができるように学び続けていきたいと思っています。

そして「堀口メソッド」でプロのエグゼクティブコーチとして生計を立てる
ノウハウも同時に学んだことは自分の可能性を引き出すチャンスになりました。
コミュニケーションのスペシャリストになれるよう学びを活かしがらこれからも研鑽を積んでいきたいです。

お客様の声

参加者の声一覧はこちら

TOPへ