参加者の声
Voice

矢田 晃一様

性別:
男性
年齢:
39歳
業種:
IT

NLP/コミュニケーションサイコロジーを学ぼうと思ったきっかけは?

昔読んだ自己啓発本の中でNLPが紹介されていたため興味を持ちました。

また、私は働きすぎと病気で体を壊し、当時勤めていた会社を辞めた経験があります。
のちにフリーランスを始めたこともあり、それまでのスキルとは別系統ながら、仕事でつかえるものを身につけたかった、という気持ちもありました。

CPI(NLP研究所)を選んだ理由は?

古くからNLPを教えている歴史があること。

また、プラクティショナーコース受講したいと思い立った時と、開講のタイミングが良かったため。

あなたの日常生活/仕事にどのように役立ちましたか?

人の話をよく聞くことができるようになりました。
そのおかげか、以前よりもお仕事の依頼をいただくことが多くなりました。NLPを学び始める前は、いろいろな物事に「こうあるべき」と決めつけ 自らコミュニケーションを阻害するような会話をしていましたが、
CPIで学ぶうちに、全てのこと背景には肯定的な意図があることを知り、その意図を聞き出そうとする姿勢になれたと思います。

その結果、よく人の話が聞けるようになったのだと思います。

あなたのおすすめの講座(セミナー)は?

LABプロファイル認定コース

LABプロファイルは人の使用する言語から、相手の思考パターンを分析するというものです。
簡単な質問をいくつか行うだけで、回答者の価値観、何をモチベーションとして行動するか、どのような説明・やり方を好むか、などを把握できるため、その方に対し、どのようなコミュニケーションが効果的なのかがわかるというものです。

CPIのLABプロファイル講座では、何回もいろいろな人とプロファイルを練習することや、 あるパターンを持つ人を想定し、その人に響く言葉と表現をチョイスするワークがあるなどとても実践的であるため、すぐにでも使えるほど深く学習ができました。

個人的に面白いと思ったのは、特定のパターンに自分が使用する言葉を合わせていくというもので、
様々なパターンでコミュニケーションが取れるように練習するワークです。
普段無意識に使用している言葉を意識的に変えることで、話しているテーマは同じでも 考え方や気分が異なる様に驚きました。

私がLABプロファイルをお勧めする理由としては、上記に記載しました通り、

① コミュニケーションを効果的に取る方法が分かる。

② 講座が実践的であり、次の日に使えるでもスキルが身につく。

③ 自らのプロファイリングができ、それを意識的に変えることで面白い発見がある。

となります。

いつも密に接していて、知ったつもりになっている身近な方でも、意外なパターンを持っていたりするので、職場やご家庭の人間関係に悩んでいる方には特にお勧めできる講座だと思います。

お客様の声

参加者の声一覧はこちら

TOPへ