参加者の声
Voice

岡澤 健治様

性別:
男性
年齢:
58歳
業種:
建設業
役職:
人事部人事労務担当
(部長)

NLP/コミュニケーションサイコロジーを学ぼうと思ったきっかけは?

以前から心理学やコミュニケーションについて興味があり、新卒入社した企業を転籍退職したことをきっかけに、本格的に勉強を始めました。
 前年に「産業カウンセラー」の資格をとり、更に「心の専門家」を目指しNLPを学びたいと思いました。

CPI(NLP研究所)を選んだ理由は?

現在所属する企業で社員の人財育成を担当しており、メンタルヘルスに関する研修を依頼(社外講師)した講師が、こちら(NLP研究所:当時)の卒業生でした。その方もとても尊敬出来る方であり、更に直接、堀井恵先生をご紹介頂いてお話を伺い、是非こちらで学びたいと感じました。

あなたの日常生活/仕事にどのように役立ちましたか?

・以前からポジティブな思考パターンを持っており、セミナーで学んだ内容も一部は経験的に実践していたものもありましたが、体系的、実践的に学び直すことにより、「考えて実行するスキル」ではなく、「習慣として実践出来る武器」として身に纏うことが出来たと思います。
 社内の研修実施の際には、受講生を人前に立たせてスピーチさせることがあり、「リソースアンカリング」や「エクセレントサークル」など、NLPで学んだスキルによって、壁を乗り越えたアウトカムを体験して貰っています。
 もちろん自分自身も研修講師として登壇する場合や大切なプレゼンの前など、スキルをフル活用してリソースフルな状態を実現しています。
 実は、効果が一番大きいのは、仕事よりも趣味のゴルフの時ですけど(^_-)

あなたのおすすめの講座(セミナー)は?

「コミュニケーション・サイコロジー®実践コース」

自分はプラクティショナー認定コース(現:コミュニケーション・サイコロジー®実践コース)のα・βを連続して受講しました。
αで基礎的なスキルを学び、βでより実践的に体験するという、このパターンが一番身に付くのではないかと思います。
 それと、このあとαコースのアシスタントとして参加を予定しています。
自分が受講者として参加した時の全体感を見ても、実はこのアシスタント参加が一番勉強になるのではと楽しみにしています。

お客様の声

参加者の声一覧はこちら

TOPへ