参加者の声
Voice

株式会社オリンピア

代表取締役社長 加藤 通浩様

Q.人材開発/社員教育に取り入れようと思った理由は?

3年前に創業者から会社を引き継ぎました。引き継いだ時は社長を頂点とする三角形の組織でしたが
これからは、必要な時に必要なチームが問題を解決するチーム経営が必要時と考え、
(お客様を支える)スタッフを頂点とする逆三角形の組織に変更いたしました。
スタッフ‐リーダー‐エリアマネージャー‐社長が逆三角形でそれぞれのチームを支える。その為には
エリアマネージャー、リーダーと言った組織の要の育成がチーム経営の成功を左右すると考え
人材開発、社員教育に力を入れるようになりました。
また最近では、堀口先生にお願いして、スタッフをまとめる店長の教育にも力を入れております。

Q.CPI(NLP研究所)を選んだ理由は?

直感で、堀口先生に今教えてもらうことがある。今しか直接教えてもらえないと思ったからです。
NLPは仕事、プライベート関わらず活かすことのできるコーチング技術です。そのため汎用的で、
一般的な教えになりがちだと思うのですが、CPIが小売業に明るく、小売業のマネージャー、店長向けに
NLPを応用して、NLPをよりエッジの効いたものに磨き上げてくれているのもCPIを選んだ理由の1つです。

Q.組織にどのような違いがおき、役立ちましたか?

まず、教育を受けた社員が一人の人間として魅力的になったと思います。
まだ出来ていないことの方が多いので、自分自身の欠点もより分かるようになりました。
そして、なによりも社員が自主的に考え、失敗を恐れず行動するようになってくれました。
また、いいことも、悪いことも、よく意見が上がってくるようになりました。
私を含めリーダーも、会社もアウトカムに対しまだまだだなーと思うことが多いですが、
私を含め各リーダーがようやく地に足をつけ、それぞれの役割、責任が明確になったと思っています。

CPI(NLP研究所)の研修に参加された従業員の方の体験談

濱田 翔太 様

これまで研修を受けさせていただいてきたことで、自分では見えていなかったリーダー像を発見することが多くありました。自分の中の理想やこうでなければいけないなど、固定概念をもってしまっていたが、研修を受けていく中でリーダーとしてどういう関わり方をしていくのが良いのか、どういう考え方をしたらよいのか発見することができました。 また部下のモチベーションを維持させたり、アップさせていくためのコミュニケーションの仕方も研修を受けていく中で発見が多くありました。一つ言い方を変えてみたり、話されたことを言い返す必要性、テンションを合わせてコミュニケーションを取るなど、仕事をしていく中で円滑なコミュニケーションの取り方を学ぶこともできました。 今後も学んできたこと活かしてスタッフの教育、円滑なコミュニケーションを行っていきたいと思います。

荒井 正巳 様

NLPで本当に効果や変化が見られるか半信半疑でした。実際には内容を体験して、すごくおもしろく、次のNLP講習が待ち遠しくなるほどでした。
まず、自分が一番驚いたことは、これを自分のものとして、スタッフに教えてあげたい、また試してみたいという欲求にかられたことです。
今までスタッフのことを思いやりをもって行動できていなかった部分がありました。
自分中心で物事を考えていたので、スタッフの失敗や気に入らないことに対して、必要以上に気になり、ダメだしを与えていた自分がいました。
もちろん自分も努力はしていたのですが、やはり1人ではお店を回すことができません。
スタッフの成長があって初めてうまく回すことができるのだと、まずスタッフとのコミュニケーション能力があがったことが変化があったと思います。
自分の意識のレベルがあがったこと、つまり人の悪い面ばかりみないで、良い一面もみようとしていることです。
あとはなかなか自分から進んで意見を言うこともなかったのですが、この講習の中で、自ら手をあげて発言をしている自分も、変わったんだとふと気が付きました。
今、過去の自分と同じように、自分は一生懸命やっているのに、スタッフがついてこないで悩んでいる店長がいます。今度は自分がその店長を助け、気づかせてあげたいと思っています。
昔から諦めることはしないと思っていても、どこか逃げている自分がいたのですが、今では絶対に諦めないのはもちろん、前向きに前進していこうという勇気が湧いてきます。

お客様の声

参加者の声一覧はこちら

TOPへ